カロナール錠【10錠:350円~】

アセトアミノフェンという成分の解熱鎮痛薬です。安全性に優れ、インフルエンザの解熱や、小児や合併症を有する方にも使用できます。
後発医薬品です。

【価格】

カロナール錠200㎎

10錠:350円
100錠:3,000円

カロナール錠300㎎

10錠:400円
100錠:3,500円

カロナール錠500㎎

10錠:500円
100錠:4,500円

【効能・効果】
①下記の疾患並びに症状の鎮痛
頭痛,耳痛,症候性神経痛,腰痛症,筋肉痛,打撲痛,捻挫痛,月経痛,分娩後痛,がんによる疼痛,歯痛,歯科治療後の疼痛,変形性関節症
通常,成人にはアセトアミノフェンとして,1回300~1000mgを経口投与し,投与間隔は4~6時間以上とする。なお,年齢,症状により適宜増減するが,1日総量として4000mgを限度とする。また,空腹時の投与は避けさせることが望ましい。

②下記疾患の解熱・鎮痛
急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)
通常,成人にはアセトアミノフェンとして,1回300~500mgを頓用する。なお,年齢,症状により適宜増減する。ただし,原則として1日2回までとし,1日最大1500mgを限度とする。また,空腹時の投与は避けさせることが望ましい。

③小児科領域における解熱・鎮痛
通常,幼児及び小児にはアセトアミノフェンとして,体重1kgあたり1回10~15mgを経口投与し,投与間隔は4~6時間以上とする。なお,年齢,症状により適宜増減するが,1日総量として60mg/kgを限度とする。ただし,成人の用量を超えない。また,空腹時の投与は避けさせることが望ましい。

【注意】
・アセトアミノフェンの過量投与による重篤な肝障害に注意
・アルコール多量常飲者は注意

【その他情報】
・妊婦:危険度1点[情報量+++]
・ドーピング:使用可